ちょっとイイ歯なし(ブログ一覧)|「よりよい治療」を追求する歯医者|佐賀県吉野ヶ里のエイト歯科クリニック

ちょっとイイ歯なし

歯の健康のために、ちょっとイイ歯なし

先天性欠如歯について

 

 

 

皆さんは先天性欠如歯という言葉を

聞いた事はありますか?

先天性欠如歯とは本来なら顎の中にできるはずの歯胚ができなかったり、できても育たなかったことによって起こる歯の形成異常のことです。

乳歯が抜けても永久歯が生えてこないという、永久歯の本数が少ない状態になってしまいます。

正常な方の場合、6歳前後が生え変わりの時期になり、永久歯は28本になります。(親知らずを含めると32本)

先天性欠如歯の方の場合、6歳以降も永久歯が生えてこず、最終的な永久歯の本数が20〜25本程度と少ないのです。

先天性欠如歯はおおむね、10人に1人の確率でいるのです。それほど珍しくないのです。

 

画像1

 

 

特定の病気や障害、放射線治療の影響などが

原因の場合も中にはありますが、

ほとんどのケースでは原因は不明です。

歯がないために噛み合わせや

噛む効率が悪くなったり、見た目が良くない、歯並びが悪い、食べカスや虫歯菌が

隙間に入り虫歯のリスクが上がるなど

さまざまな問題が起こりがちです。

そのため、なにより早期発見がとても重要です。早いうちに発見できるとその後の治療にも有利になります。

気になる方はスタッフまでお声かけください。

 

画像2

 

 

先天性欠如歯は第二小臼歯と

下顎の側切歯の発生頻度が高いと

言われています。

先天性欠如歯のため抜けずに残っていた乳歯が抜け落ちてしまったら、

歯科矯正にて歯並びを改善し隙間をカバーする治療がメインとなります。

ただし30歳以降になると歯科矯正の効果も

薄れていくので矯正治療が難しい場合などは

インプラントや入れ歯、ブリッヂで隙間を埋めるよう対処して行きます。

先天性欠如歯は年齢を重ねるごとに

治療をするのが難しくなります。

成長期のお子さんで乳歯が抜けなかったり、

永久歯が生えてこない場合は

一度歯科医を受診しましょう。

Copyright (C) 2007 エイト歯科クリニック All Rights Reserved.

Copyright (C) 2007 エイト歯科クリニック All Rights Reserved.