ちょっとイイ歯なし(ブログ一覧)|「よりよい治療」を追求する歯医者|佐賀県吉野ヶ里のエイト歯科クリニック

ちょっとイイ歯なし

佐賀県吉野ヶ里の歯医者|エイト歯科クリニック > お口の老化のサインについて

歯の健康のために、ちょっとイイ歯なし

お口の老化のサインについて

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは😁!

 

 

今日はお口の老化のサインについてお話したい

と思います。

 

 

最近「 むせることがふえたな 」 「 ごはんがたべにくいな 」とおもうことはありませんか?

 

そのようなことはなくても、「 咳払いがふえた 」 「 食べ物が喉にるかえる感じがたまにある 」ということはありませんか。

 

 

 

また、歯医者さんにいって歯科診療をうけているときに

診療中にお口に水を溜められずにむせてしまった・・・

などといったことはないでしょうか?

 

 

 

「 そういえば・・・最近・・・ 」となったかたは、

お口の機能が老化しているサインかも知れません。

 

 

 

おくちの老化、口腔機能が低下していくと一番に思い浮かぶのは

「 食べられなくなる 」ことですよね

 

 

食べるといった行動は、歯だけではなく、頬や唇、舌、のどや

周りの筋肉が協力し合って行われています。

 

 

歯がたくさんあっても、舌やのどの動きが悪くなったりすると

飲み込むのが飲み込めなくなったりして、食べることが

できなくなります。食べるこのほかに、ムセなどがあると、窒息や

誤嚥性肺炎などのリスクも高まります。

 

 

 

 

なのでみなさんもお口の機能をアップするエクササイズ

をしてみましょう!!!

 

 

 

今日は、お家で簡単にできる

パタカラ体操、ベロ回し体操をご紹介します。

 

 

まずパタカラ体操は、「」を5秒間 「」を5秒間

          「」を5秒間 「」を5秒間

パ、パ、パ、パタ、タ、タ、タカ、カ、カ、カラ、ラ、ラ、ラ

 

このように出し続けることで唇を開け閉めする力、舌の先の筋肉、

舌の奥の筋肉と喉の筋肉が鍛えられます。

 

次にご紹介するのは、ベロまわし運動です。

① お口をぎゅっと閉じ、舌を歯と唇の間に

いれます。

 

② 歯の奥をなめるように、舌を一方にゆっくり大きく

10回程度まわします。

 

③ 反対歩行にもゆっくり大きく10回まわします。

1日3セットを目安に行います。

 

ベロ回し運動をすることによって、舌やくちびるに筋肉が

ついたり、唾液腺が刺激され、唾液の分泌が促されます。

さらに、お口の周りの筋肉が引き締まりほうれい線が

改善されます。

 

 

是非みなさんも、

お時間があるときにチャレンジしてみてください☺️❕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright (C) 2007 エイト歯科クリニック All Rights Reserved.

Copyright (C) 2007 エイト歯科クリニック All Rights Reserved.